糖化でお肌が焦げる!?

抗糖化ケアで焦げたお肌予防

お肌を焦げさせてしまう『糖化』によるお肌トラブル 知ってますか?

糖化とは

糖化とは、たんぱく質や脂質が、糖と結びつくことです。

例えば、ホットケーキがこんがり焼けているこげ

これが糖化です。

これと同じことがお肌に起きているのです。

身体をコゲさせる現象

食事などから摂った糖質が、体内のたんぱく質や脂質と結びつき、老化に繋がってしまうのです。

糖化によるお肌トラブル

糖化されたたんぱく質によって生成されるもを (AGE)により、あらゆるお肌の老化に影響を及ぼしてしまうのです。

具体的に起こりうる、老化現象は以下です。

◆たるみ、しわ

お肌のハリ、弾力を保っているのは、コラーゲンとエラスチンです。

このコラーゲンとエラスチンはたんぱく質です。

糖化はたんぱく質と糖が結びつくことなので、糖と結びつくと、コラーゲン、エラスチンは変性、劣化してしまいます。

すると、お肌は弾力を失い、たるみ、しわを引き起こしてしまうのです。

◆くすみ

糖化によって生み出された老廃物(AGE)が、お肌の細胞に溜まってしまいます。

代謝がうまくいかず、沈着してくすみになるのです。

◆しみ

メラニンが、AGEが溜まることでうまく代謝されず、しみとして残ってしまいます。

また、表皮細胞の糖化が、メラニンの生成自体も増加させることとなり、しみになりやすくもなってしまいます。

原因と解決策

糖化してしまう原因は2つ

① 糖質が余ってしまい、体内のたんぱく質と結びついてしまうケース

シンプルに、糖質の食べ過ぎ要注意です。

② そもそもAGE含有量が多い物を食べてしまうケース

AGE含有量が多い物とは

焼き目のついた食品

先ほどの例え ホットケーキのように、加熱してこんがり焼けた部分や、キツネ色の部分、おこげに発生します。

揚げたり、焼いたり、炒めた動物性脂肪の食品

例えば、ベーコン、フランクフルト、バター

お馴染みの身近なお食事だと、トンカツ、唐揚げ、焼き鳥、ポテトフライ

おやつだと、ポテトチップス

お食事のジャンルだと、ファストフードは控えた方がベターです。

糖化によるお肌の焦げが起きないようにする為には、

食べ物にも気をつけながら、

お肌への抗糖化を防ぐ為のケアが大切です。

糖化により引き起こす肌老化

◆たるみ、しわ

◆くすみ

◆しみ

を、予防出来るケアを知ってますか?

素肌美容法なら、予防が出来ます。

抗糖化ケアが出来る、素肌美容体験をしてみませんか?

♡ご予約はこちら

お問い合わせフォームよりお待ちしてます。

http://ws.formzu.net/fgen/s39975263/

Selfcare♡Selflove

Follow me!